Volkl、Blizzard試乗会

2015年3月21日(土)、22日(日)、恒例のVolkl、Blizzard試乗会。今回はジョイフルコースに仕切られて硫安の撒かれたコースが整備され固い条件も試せました。パノラマコース等、他のゲレンデは春のジャブジャブ雪とコブを含む不整地で色々試す事が出来ました。
画像
右がRacetiger SL。SLは今季のものよりもトップが細い様で食い付き感はさほど強烈では無く、逆に抜けと走りが強い板でした。固い雪質は当然ながら、ジャブジャブ雪もへっちゃら! 条件が整えば楽しいですが、普段一日中履くには私には難し過ぎます。

左はPlatinum CD。以前に178cmと171cmは乗った事が有りますが、今回は初めて乗る164cmでした。171cmの方が良い気はしますが164cmでもTip & Tail Rockerの割にはしっかりしていて滑れます。昨年の試乗会で乗った171cmもその前のシーズンの178cmと比べてしっかりした感じを受けましたが164cmでも結構十分な気がします。取り回しは楽です。固い斜面もそこそこ、ジャブジャブ・グサグサ雪も楽に滑れ、完成度が高いと思いました。連れも履きまして、初めてのRockerなのに違和感が無いとの印象。ただCenter幅が有るので切り替えのモッサリ感は致し方有りません。コブではトップもテールも引っ掛からず、不整地も含めてゲレンデで楽しむには良い板です。スピードを求めなければ検定にも使えると思います。

画像
右から2番目の黄色がPlatinum SD。今回の試乗会には165cmと170cmの2台が来ていました。

先ず165cmに乗りましたらBindingの踵が低く感じ、滑り出して前を意識するとTip Rockerのせいで前は無い! 乗る位置に苦労しました。

翌日5mm前方にBindingを合わせてもらったら、かなり普通になりました。当然私個人の感想では有りますが、2~3mm Bindingを前方に動かした方が良いのかも知れません。

ターンの導入はTip Rockerのお陰でとても楽です。そこから撓ませて行くと言うよりは、方向を決めたら斜滑降で抜けて行く滑りが合っている気がします。昨今のSLでの滑りなのでしょうね?! 板を撓ませて円弧を描くよりは旗門と旗門を直線で繋いで行くSLに合わせた板の様に思えます。

ずらす事も出来なくはないのですが、余り、し易くは有りません。Tip Rockerですからトップはずれて行くのですが、その後のCamberの部分のエッジが効いてしまい板は真っ直ぐ進みたがる様です。

一昨年のFull CamberのSDがゲレンデでの滑りには万能と思われて気に入っていましたがTip Rockerに全面変更されてからのSDは、悪くは有りませんが、どうしても欲しいとは思われません。

コブではTip Rockerで先端が引っ掛からず滑り易いと言う恩恵は有ります。

さて170cmのSDは165cmで感じた踵の低さの違和感が有りません。Tip Rocker部分が短いと言うか、Camber部分が長いと言うか、普通のCamberの板にも思えてしまいます。ターンの導入はTip Rockerのお陰でとても楽で、その後はCamber部分を撓ませるとFull Camberの板と変わらない気がしました。 男性なら170cmの方が普通に扱えそうです。大回りも165cmよりし易いです。但し、良くも悪くも「フツー」な感じです。

次の赤い板がPlatinum GD。

CDと同様に完成度の高さを感じます。

試乗は170cm。普段は以前のFull Camberの 170cm GDとGSに乗っていますが、このGDはTip Rockerをさほど感じません。男性がAll-roundに使うならGDの170cmは良いでしょう。

切れる小回りはし辛いですが、落差を取れば滑れますし、ズレを伴った小回りは簡単です。そして、当然大回りは気持ちが良く滑れます。コブ・不整地も良い感じです。男性にはお勧めですね!?

左の青いのはOne。空いていたので乗ってみましたが深雪は無いし、Full Rockerなので板の良さが解りませんでした。トップとテールは柔らかい感じで1月、2月の新雪で滑れば沢山浮いてくれる事でしょう。試したかったですね。

画像
右のトップが赤と茶色の板がStep。お目当ての板が貸し出し中だったので乗ってみました。前後のど真ん中にBindingが付き、板も前後対称の寸法ですから飛んだり跳ねたり、後ろ向きで滑る板。私には需要は無い板ですね。但し普通に滑っても大回りも小回りも結構滑れました。後ろが長くて尻尾が生えた感じでした。試乗した板はど真ん中にBindingが付いていましたが、少し後ろ寄りに付ける位置も板に書いてありますので、そちらならゲレンデでも滑れそうです。

StepとCDに挟まれた真ん中の青い板がPlatinum SW。

166cmと173cmが来ていて173cmに乗りました。CDと同じくTip & Tail RockerでCDよりは弱く、CenterもCDよりは狭い板です。踏み込んで撓ませるのでは無く、板なりのターンの方が良い気がします。私ならCDの方が良いですが、SWも癖が無く、良い板だと思えます。Tip & Tail Rockerでコブや不整地も楽です。

画像
Blizzardも乗りました。

左端のS-Power FS 167cm.。リフトに乗るとSuspensionがどっしりと重く感じます。滑ると軽くは無いのですが取り回しはそれほど苦にはなりません。ジャブジャブ・グサグサ雪の走破性が高く、そして回転性も良いので結構楽しい板です。

真ん中のRC、スラロームのセカンドモデルとの事。S-Power FS程ではないのですが、結構Plateがしっかりした奴で重量感が有りました。こちらは166cm。連れが乗った所、さほど重さは感じず、好印象だった様です。Center幅はVOlklのSD等よりは有る様で、切り替えはスパッとは行かないとの事。

土日の二日間共に晴天に恵まれた試乗会でした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック