スキーの板が動く、身体を動かす(続き)

E382B9E382ADE383BCE38292E58B95E3818BE38199E38080E8BAABE4BD93E38292E58B95E3818BE38199.jpg
急斜面を滑る際、どうしても恐怖心から斜面に立つ=谷側に身体を落とすことが不足しがちです。そうなると外足荷重が足らず板が思う様に動いてくれません。

やはり、難しい条件では身体を動かす意識が重要な様です。

外足荷重のための身体の動きは外傾、そして外向でしょう。特に急斜面なら重要でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント