急斜面小回り

E680A5E6969CE99DA2E381A7E38199E380823.jpg
前のターンで逆捻りした上体を次のターン方向へ先行し、板が回り出して最大傾斜線に向く辺りから、また次のターン方向へ先行させます。

板のトップから切り込むために切り替えで次の内足を引きます。斜度がキツく足らない場合は踵を腰の下に引き付けます。

これで急斜面での深回りが出来る筈!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント